インターネットを活用する

tensyoku02

インターネットを利用して転職情報を収集する方法です。

1.企業のホームページへアクセスする
最近では、殆どの企業が自社のホームページを持っていますので、そこにアクセスすることでその企業の概要、売上高、財務状況、経営理念、社歴、組織、取扱商品、人材募集、採用担当者などの情報を知ることができます。

希望する会社の情報を収集するには欠かせない情報源です。

専用の求人欄を設けているところもありますので、そのページから資料の請求が出来たり、メールによる応募が出来るところもあります。

単にその企業の情報を収集するだけでなく、業界の情報、競合他社の情報も調べて、業界を研究しておくことも大切です。

2.転職情報サイト
リクルートのサイトのように、求人情報を専門に掲載しているサイトもあります。

企業の情報を収集することが出来るのはもちろんのこと、情報が業界や業種別に整理されているので、同業他社あるいは異業種の希望職種などの条件を入力すれば、簡単に比較することができます。

その中に、希望するところのさらに詳しい情報等を入手したい場合は、個人情報等を登録することで、求人情報等をメールで配信してくれます。

3.人材紹介会社
人材を募集している企業と転職希望者の間に入って転職に関する調整を行います。
この人材紹介会社から直接企業を紹介してもらったり転職に関するコンサルティングを受けることもできます。

まず、現在のスキル・技術レベル・経験などを登録し、希望する業界・会社等の情報も合わせて登録します。

この人材紹介会社には、業界・業種を幅広くサポートするところと、ある業界に特化したところがあるので、どちらが適しているかを見極めたほうがいいでしょう。

複数の人材紹介会社に登録することも可能です。

4.インターネットをうまく活用する
上記の方法以外にも、インターネット上には色々な情報が溢れています。
グーグルやヤフーの検索機能を利用すると、入力したキーワードに関する情報が入手できます。官公庁やシンクタンクのサイトなどからは、業界動向や将来性などのデータを入手できるので、うまく活用してください。

また、転職体験談や転職に関する掲示板などでは、転職経験者の生の情報なども入手できます。

資格に関する情報のサイトもあるので、業界や業種によって必要となる資格情報等について情報を収集しておくことも、後々の転職を有利に進められるかもしれません。

看護師の職場復帰のポイント

 


2013年6月1日 コメントは受け付けていません。 未分類