その他の仕事の探し方

tensyoku04

転職情報の収集は、インターネットを活用した方法以外にも、求人募集を掲載している媒体を利用して、転職に関する情報を収集することができます。

確かにインターネットを活用すれば、色々な情報を入手することができますが、情報の収集方法や整理の仕方を誤ると、単に情報過多となって有力な情報を見逃してしまったり、情報の優先順位付けが疎かになってしまう場合があります。

以下にご紹介する方法を併用することによって、より効率的な転職活動を行うことができるでしょう。

1.紙媒体による転職活動
転職情報誌や新聞を活用する方法です。
業会や業種を横断して比較検討することができます。

時には特集記事などが掲載されるので、業界動向やその市場の動向などがわかりますし、新聞であれば社会全体の最新情報を知ることができます。

2.出向いて探す方法
これは、ハローワークを活用したり、求人フェアなどに参加する方法です。

ハローワークは在職中であっても利用することができます。情報を広く収集するという意味でも活用する意義があると言えるでしょう。

求人フェアでは、企業の情報を直接入手することができます。
企業自身によるアピールを直接目や耳にすることで、思わぬ情報を入手できることがります。また、個別に面談してその企業の方から直接話を聞くことで、企業の雰囲気を感じ取ることができるでしょう。

3.人的ネットワークを活用する
希望する業界や企業に詳しい知人等から情報を収集する方法です。

また希望する転職先に友人や知人がいれば、直接話を聞いたり相談してみることもよいかもしれません。

企業にとってみれば、その社員が転職希望者のスキルを知っているので、実力が事前に判断できること、また、転職希望者実力がより高い確度で判別できるメリットがあります。

ただ、選定過程は通常の応募者と同様に行われます。


2013年6月1日 コメントは受け付けていません。 未分類