人材紹介会社の活用術

tensyoku03

人材紹介会社とは、厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介会社のことを指します。

登録者のスキルや経験、実績、適正、希望業界、業種などを総合的に判断して、人材を募集している企業を紹介することになります。

この人材紹介の方法には、大きく「登録型」と「スカウト型」に分けることができます。

登録型
転職を希望する人が、上記に記述した内容についての登録をおこなうと、専門のコンサルタントが登録された情報をもとに、総合的に判断して最適と思われる転職先を紹介してくれます。

単に転職先を紹介するだけでなく、転職を成功させるための履歴書の書き方、応募書類の書き方、面接時のアドバイスなども行ってくれます。

紹介された企業に応募するかどうかは自由ですし、内定を断ることも可能です。納得のいく企業が見つかる迄紹介をしてもらうことも可能です(但し、時間を要することになります)。

スカウト型
いわゆるヘッドハンティングです。
企業に依頼された人材を、登録者の中だけでなくその人材紹介会社の持つ独自のルートを利用して、該当する人材を探して紹介するものです。

こちらはどちらかというと、管理職クラスなど、高いスキルをもった人材を扱う傾向が強いようです。

気になる料金は?
人材紹介会社に登録し転職先を紹介してもらっても、手数料、利用料金等は一切かかりません。
なぜなら、転職が決まり、ある一定期間の就業が確認させると、その紹介先の企業が成功報酬として負担する仕組みになっているからです。

 


2013年6月1日 コメントは受け付けていません。 未分類